トップ > 立命館アジア太平洋大学 > 立命館アジア太平洋大学

立命館アジア太平洋大学

立命館アジア太平洋大学(りつめいかんあじあたいへいようだいがく、英称:Ritsumeikan Asia Pacific University)は、大分県別府市十文字原1-1に本部を置く日本の私立大学である。2000年に設置された。大学の略称はAPU。 学校法人立命館が経営する。京都府京都市に本部を置く立命館大学は姉妹校である。 外国人留学生数で日本一である。

アジア太平洋学部、アジア太平洋マネジメント学部の二つの学部を持つ。アジア太平洋地域を意識した教育で英語を習得することが求められるのはもちろん、任意でアジア太平洋地域の言語(中国語、韓国語、マレー・インドネシア語、スペイン語、タイ語、ベトナム語)を1つ以上習得することもできる。2007年5月1日現在、世界78ヶ国から、2,352名の留学生(留学生をAPU内部では「国際学生」と呼んでいる)が集まる国際的な大学であり、この数字には含まれないが1年などの短期での留学生も協定校から多数受け入れている。日本人学生(国内学生)の数は3,069名。国内外問わず春季と秋季の年2回、学生を受け入れている。立命館大学との間で、相互に半年または1年の交換留学プログラムがある。2006年度にインスティチュートとして両学部に跨った学際的コースとして、CAPが置かれた。学長はモンテ・カセム教授(CASSIM, MONTE教授)。教員の約半数が外国籍である。教職員の多くを有期雇用で雇い労働争議が頻発している。2006年、大分大学と交流協定を結び、2007年度秋セメスターより一部科目において単位互換制度が導入された。

キャンパスが別府市の標高300mを超える山地(最高点:標高338m)にあるため、アクセスが不便である。学生は主にキャンパスへ乗り入れるバス(大分交通・亀の井バス)やバイクで通学しているが、バス通学の場合、朝の8時台(キャンパス行き)や18時台以降(キャンパスから市街地行き)のバスの本数やキャパシティは十分に確保されているとは言い難く、混雑する上記時間帯には、バスに乗車したくてもできない学生は多く、不便を強いられている。 ちなみに自動車通学は禁じられている。(ただし、身体に障害があるなど、バス通学もバイク通学も困難であると認められれば許可される。)

この記事のカテゴリーは「立命館アジア太平洋大学」です。
関連記事

立命館アジア太平洋大学

立命館アジア太平洋大学(りつめいかんあじあたいへいようだいがく、英称:Ritsu...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「立命館大学アジア太平洋大学 偏差値」です。

この記事のカテゴリーは「立命館アジア太平洋大学」です。

この記事のカテゴリーは「立命館大学の偏差値」です。

この記事のカテゴリーは「立命館大学のイメージ」です。

カテゴリー
サイト内検索