トップ > 立命館大学の英語対策 > 立命館大学の英語対策

立命館大学の英語対策

立命館の英語は、有名な話ですが長文よりも文法問題のほうが配点が高いです。なので、何よりもまず文法・単語の勉強からはじめましょう。昔もとても長い長文がでていましたが単語と文法さえ必死になり覚えればなんとかなります。
さらに、立命館大学レベルの英語なら、それらの勉強をすることで長文もだいたい読めるようになります。まさに一石二鳥。長文読解の参考書はしなくても受かると思います。 文法の参考書を、すぐさま答えが出てくるようになるまで何周も何周も繰り返しましょう。
 また、立命館大学の理系は、この英語の出来次第で合否が決まってしまうといっても過言ではないくらい、かなり重要な科目です。なぜなら、数学や物理ではあまり差がつかないからです。理系だから、というのもありますが、それ以上に、理系科目は何問かはかなり難しい問題が出る、ということが大きな原因だと思います。
かなり難しい問題ですから、結構数学や物理が出来る人でも解けないんです。そうなると、簡単な問題を確実に解いた、数学や物理がそれほど得意で無い人との差があまりつかなくなります。私の友人は、私よりも数学も物理も出来たのですが、英語がダメだったせいで3つ受けたA方式すべてに落ちてしまいました。典型的なパターンだと思います。
 逆に言えば、この英語で高得点を得ることが出来れば、合格の可能性がぐっと高まります。気合入れて勉強しましょう。基本的に暗記が主になる教科なので地味な学習になり、つまらなく感じるかもしれませんが、受験までの我慢です。耐え抜きましょう。

この記事のカテゴリーは「立命館大学の英語対策」です。
立命館大学の英語は、有名な話ですが長文よりも文法問題のほうが配点が高いです。
関連記事

立命館大学の英語対策

立命館の英語は、有名な話ですが長文よりも文法問題のほうが配点が高いです。なので、...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「立命館大学アジア太平洋大学 偏差値」です。

この記事のカテゴリーは「立命館アジア太平洋大学」です。

この記事のカテゴリーは「立命館大学の偏差値」です。

この記事のカテゴリーは「立命館大学のイメージ」です。

カテゴリー
サイト内検索